大物単独猟 初心者のゼロイン(据銃練習の影響)後編

(前の記事の続きです)

1.)50m Red Bird(competition) ・・・ゼロイン

2.)50m Dupo(マグナム)・・・委託で精度確認

3.)50m Dupo(マグナム)・・・立射練習

4.)50m Red Bird (competition) ・・・立射練習

5.)100m  Dupo(ノーマル ・・・立射練習

6.)100m Red Bird (competition) ・・・立射練習


#1-2は前編で完了しました。

3.)50m Dupo(マグナム)・・・立射練習

Dupoマグナムの委託射撃は十分な精度でした。
ただし、 Red Bird(competition) と比べると上半身をガッチリ固めていてリラックスしづらいです。

立射にどう影響するでしょうか。

↓50m 5発

全体的に右下に着弾しています。リキミのせいで一発は1点まで飛んでいます。
残りの4発、近距離で成獣のバイタルを狙うには十分でしょう。

狩りには、数センチの精度よりグルーピングが大切と考えています。
そうは言っても立射で同痕があるのは嬉しいです。


4.)50m Red Bird (competition) ・・・立射練習

撃ちやすい弾です。過去のゼロインでも使っています。

十分にタイミングを見計らって撃ちます。
5点に一発飛んでいますが、全体的に左右のブレは抑えられています。

テンポを優先し、タイミングを気にせず続けて撃ちます。
左右上下に散らばっていますが、大半は5点以内に収まっています。

5点の黒丸は、大きく広げた手のひらの外周と同じサイズです。
狩りでピンポイントを狙わなければヒットできるグルーピングです。


2か月前にTwitterでアドバイスして頂いたKさんにお礼とご報告です。

右に体が開こうとしている姿勢を意識的にセンターへ寄せていることを見抜いて教えて頂いていました。
上下の散らばりは課題が残るものの、据銃練習の効果は出たと感じます。

↓昨年の射撃練習ではポーンと右にすっ飛んでいく弾があります。




5.)50m  Dupo(ノーマル ・・・立射練習

Dupoマグナムでいい感じでした。
ノーマルならもっとまとまると期待したのですが、そんなに甘くありません。

センター狙って5発、左上の的の右付近を狙って5発。
ほとんど同じグルーピングですが、マグナムの方がまとまっていました。

近距離で使いたい弾です。


5.)100m Red Bird (competition) ・・・立射練習

50mでゼロインし、そのまま100mを撃ちます。
ドロップが分からないので、的ではなく、的紙の上辺を狙って撃ちました。

そうすると12時付近の1点に着弾。
10~15cm程度ドロップしているようなので、ちょうど着弾した12時付近を狙うとちょうどセンターにあたりそうです。

100mは難しいですね..。
弾痕不明はないものの上と下に的から外れて着弾しています。

50mと同じ弾ですが、距離が違うせいか的紙に開いた穴が破けたようになっていますね。

2ヶ月前には50m立射で弾痕不明がありました。精度は上がっているようです。


次の記事で据銃練習の成果に触れます。

………………………………
面白かったらバナーをクリックしてください。ランキングがあがります。
あなたが応援してくれたらブログ更新します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村
人気ブロググランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。